自動車税納税を機に、車を手放すことを考えるなら

毎年5月は自動車税の納税時期です。今年から軽自動車税は値上がりし、1台あたり10,800円、また、普通自動車では29,500円から111,000円まで、自動車の総排気量によってそれぞれ税金を収めなくてはなりません。年に一回のことと言っても決して安い金額ではありませんよね。

ではもし、今あなたが持っている車を手放す場合、どのような方法を選びますか?近くのディーラーに持ち込む、中古車販売店に問い合わせる、などの方法が考えられますが、どの方法も市場化価格よりも低く見積もられ、買い取りされてしまうことがほとんどです。今まで大切に乗ってきた愛車、出来ることなら1円でも高く評価されたいものですよね。そこで、インターネットで簡単に「一括査定サービス」に申し込んでみてはいかがでしょうか。

入力時間はわずか1分!時間や手間も大幅に削減

インターネットから複数の業者へ依頼できる一括査定サービスは、わざわざ時間を作って、自ら車をディーラーや中古車販売店に持ち込む手間もなく、自宅や出先からでもインターネットにつないでわずか1分で完了!あとは査定結果を待つだけです。車種や年式、走行距離などを一度入力するだけで、複数の業者からの査定額を知ることが出来ます。

また、業者同士での競争も生まれるため、ディーラー等に持ち込む際よりも高値で取引出来る可能性が高くなります。査定額を比較することで愛車の相場を把握出来て安心ですし、複数との業者と一度でやりとりできるのもとても効率的です。また、その後はほとんどの車買い取り業者が自宅や勤務先など希望するところまで無料で出張査定をしてくれるので、時間や手間を大幅に省くことができます。この一括査定サービスで、自分の納得の出来る取引が出来ればいいですね。