オークションでの車購入についての流れ

私は高校卒業とともに車が必要になるため親の知人の車屋さんに、自分が乗りたい車種価格などを伝えオークションで車を見つけてもらいました。要望が多く見つけてもらうまで3~4ヶ月かかってしまいました。人気車種であればもう少し早く見つかったかもしれません。オークションになると車屋さんがオークション会場に出向いてもらうので自ら実際に車を見ることができません。ですが専用のサイトがあるので写真などで傷やへこみ等の確認は出来ます。しかし実際に確認できないのは購入者からするとネックな部分かもしれません。また、オークションなので状態のいい車は入札がされて価格が上昇していってしまいます。すると希望の価格で購入できなくなってしまいます。ですが掘り出し物や運が良ければ相場よりも安く購入することもできると聞きました。中古車なので多少の妥協は必要だと感じました。また人気車種なのかそうでないのか、色やグレードなど様々な条件が絡んでくるので一概に車を買うと言っても奥が深いと思います。

車を買うなら新車を残価設定で購入したほうが絶対にお得。

今まで10年間で6台の車を購入し、その内の4台を新車で購入しました。一番後悔したことは免許取り立ての時の1台目で、新車を購入してしまったことです。納車後の雨に日に、車の窓を開けたまま駐車してしまいシートはビチョビチョ、おまけに野良猫が入り込んでシートにオシッコをされてしまったのです。
その件があり直ぐに中古の車に買い替えました。初めの頃は何かと雑に扱ってしまうことがあり、中古の方が安心感がありました。
ただ中古のデメリットは車種にもよりますが、乗換の時の下取り価格が驚くほど安く、ただ同然で引き取られてしまうことなのです。また購入した時には分からない故障した部分が徐々に発見され結構お金がかかってしますのです。
今はディーラーの人から勧められた残価設定で新車を購入しています。5年後の車の下取り価格を設定し、その金額を差し引いた金額を分割して支払うという方法です。その車の所有権は車メーカーにあるため、長期間レンタカーを借りているようなシステムなのです。自分の物にならないので嫌がる人も多いと思いますが、大きなメリットは同じメーカー内で短期間で新車に乗り換えることが出来るのです。常に支払いは発生しますが、月々3万円程で新車に乗る続けることが可能なのです。何十年も同じ車に乗り続けるよりも、3年おきに新車に乗り換え、支払が難しかったら売ってしまう、この身軽な新車の購入方法はおすすめです。

中古車を初めて購入した時の話。

私は今まで中古車だけを使用していましたが、親戚からゆずってもらった車など、誰が使っていたか、どんな乗り方をしていたかが大体予想できる範囲の安心して乗ることのできる車を使用していました。しかし、引っ越しを機に自立して生活することになり、初めて自分で中古車探しをしなくてはいけない状況に直面したのです。種類、値段、どこで買うかなど様々な決定を自分で探してしなければなりません。不安でいっぱいでしたが、まず自分の予算をしっかり決めておくこと、それで大分車種を絞っていくことができました。また自分の用途もしっかり把握しておきます。私はたくさんの人を乗せる機会が多いため5人以上乗車可能な車というのも条件の一つです。そのあとはとにかく決めた車種が置いてあるお店を一つ一つ見に行くこと。すぐに決めてしまいたくなりますが、私は5~7店舗ハシゴしたうえで自分の納得のいく車を見つけることができました。車の状態をしっかり見ること、エアコンやパーツの状態は大丈夫かなどしっかり見ることが大切です。結局お店の方にもアドバイスを頂き、TOYOTA SIENTAをゲットすることができました。