自然の猛威!車がボコボコになっていました

先日の台風21号の猛威により車を買い替えることになってしまいました。
簡易的な車庫は強風により崩れていて車がボコボコになっていました。
主人の友人が車のディーラーなので修理の見積りをしてもらったら結構な金額であと少しで
冬タイヤを新しく買う予定もしていましたし車検も重なり新車買い替えは数年先と思っていましたが、
これを機に買い替えすることになりました。うれしいような出費で悲しいような複雑です。
今ならボコボコな車も少しだけ下取りできるとのことでした。
今年の初め雪が多かったので主人は4駆は譲れないとのことで私は安全装備が標準で入っているのがいいと言いましたが予算がオーバーしたら私の希望は却下されることになりました。
主人がいいと思っていた車は人気らしく納車が来年以降になるとのことで、タイヤや車検が無駄になって
しまうと悩んでいましたが主人の友人がチラシを持ってきてくれて少し高くなるけど主人や私の希望が標準装備されているのがあり、それに決めました。
車も消耗品ですね。自然災害などなにがおこるかわからないので車貯金をしようと思いました。

中古車は本当に安い買い物なのでしょうか

結婚して引っ越しなどをして資金に余裕はなかったのですが、生活上車は必要だと思い、購入を考えていました。
新車はとても手が出ないということで中古車を探しました。
中古車販売の会社へ出向きましたが、軽自動車が意外に高くて決めることが出来ませんでした。
そんな中知人を介して中古車を処分したいという人の車を買うことになりました。
急いでいたし、人づてなので安心かと思い頼みました。
2台あった車は、1台は軽自動車で安い半面かなり古かったので、少し高めのセダンを買うことにしました。
余り走行距離も長くはなっていないとのことでしたが、実際に譲り受けてみると、乗らないゆえにメンテナンスをしっかりとはしていなかったようでした。
こちらも車を持つのは初めてで、こんなものかと思いながら使っていましたが、あちこちに不具合が出て、友人などに見せると、きちんと手入れをしないと不安だと言われてメンテナンスにお金をかけました。
何か所も手入れが必要だったので、あとで思うともっといろんな業者をあたって探せばよかったです。
その後しばらくして手放してからは頑張って新車を買いました。

車を売ること、新車の購入について

去年の話です。交通事故により、大切にしていた、自分の人生で初めて買った車を壊してしまいました。物損事故ではあったものの、私の車は前側全損状態で、修理費と、保険の補助ではあったものの新車を購入する金銭的負担は同等で、周りに勧められて、2度目となる新車購入に至りました。事故によるショックから、なかなか新車を選ぶ気持ちにもなれず。また、思い入れのある車と別れると言うことで、とても前向きな気持ちではありませんでした。ですが、車は必要なご時世ですので、どうせなら、と選んだのがタントでした。前向きでない中で、私がいくつか挙げた、最低限の条件は軽自動車であること、そして、壊れてしまった前車とは全く違う形の車、という2つでした。思い入れがある分、同じ車には乗りたく無いという気持ちが強かったのです。そうした経緯で、今は私の手元に来た、私好みの青色のタント。あの日の事故の衝撃や、前車の思い出は消えませんが、それらがようやく思い出となり、今では青色タントを毎日乗り回しては遊びに行くまでになりました。車とは、簡単に新しく出来るものではありません。ですが、やはり新車が自分の手元に来た時、失くしてしまった前車の事と併せて、また大切に使っていこうと思わされました。